読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュドミラ音楽・ひとり旅日記

Give every man thy ear, but few thy voice.

パルコ・デラ・ムジカ音楽堂でのコンサート

notes media

今年4月にローマのAuditorium Parco Della Musicaで、Concerto Le Mille e Una Notte(千夜一夜)というコンサートがあった。ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の演奏で、当初はYuri Temirkanovの指揮で予定されていたのが、Stanislav Kochanovskyに変更、プログラムも一部変更された。リムスキー=コルサコフとムソルグスキーコンサートということで、『ボリス・ゴドゥノフ』の三つのモノローグが組み込まれていた。バスソリストはEvgeny Nikitin。ライブがラジオRai 3で*1放送され、素晴らしく音質が良かったので、いったいどんな録音してるんだろうと考えていた。
で、この度降ってわいたように、Rai5で映像が放送されたのだ。ウェブサイト上のライブ放送は見られないが、Replayは大丈夫なはず…と、放送の翌朝アクセスしてみたら、まだ見ることができなかった。午前中の*2会議が終わってから再び見てみると、ちゃーんと見られるようになっていた。狂喜乱舞。7日間のオンデマンドだから、10日までは視聴可能。こちらからどうぞ ⇒⇒⇒

ボリスの三つのモノローグがスイートになってるのはなかなか*3珍しいと思う。ってことでこんなかんじ。

 

*1:ぎりぎりまで放送してくれるのかわからなくて大騒ぎをしていた。さらに、ローマ行けばよかったな〜とかしばらくうじうじしていたのだ

*2:仕事もしてます、わたくし

*3:歌ってる人が田舎のホストみたいな件はおいといて