読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リュドミラ音楽・ひとり旅日記

Give every man thy ear, but few thy voice.

ちょっと弾丸してきます

2015 Dresden notes travelogue

決断したのは出発の三日前。これまでで最短*1

だって、これに出るのを知ったのが一週間前。びっくりしてそのまま卒倒しそうだった。 

youtu.be

シュターツカペレドレスデンと、ゼンパーオーパーは、大好きなシュターツカペレベルリンともとのベルリン国立歌劇場の次に好きなところなのだ*2が、個人的な事情により、しばらく私がかの地に行くこともなく、favourite も出ることはないと思っていた。
いきなりのハウスデビューである。
それにこの作品の初演はゼンパーオーパー。私がこよなく愛する初稿版は、28歳のワーグナーがこの劇場で苦労の末作り上げたのだ。
今回のランは2回。鑑賞可能なのは1回。資金不足はいかんともしがたいものだが、ほかの条件は奇跡のようにそろっていた。ここで行かなきゃオンナがすたる。Hier steh ich, treu dir bis zum Tod! がわたくしの信条なのだ。

*1:つか、まともな社会人でこれはありえない。例によって一時間程度ですべての予約を完了した。劇場の席も最前列が空いていた。エアーも格安があり、ホテルも直前割引がぞろぞろ。ついでに言うと夏季休暇をとらなきゃならず、行ける日程はたまたま仕事のスケジュールもあいている日だった

*2:オペラ愛好者なので、ベルリンフィルよりシュターツカペレの方が好き