リュドミラ音楽・ひとり旅日記

Give every man thy ear, but few thy voice.

Tutankhamun: Treasures of the Golden Pharaoh at Saatchi Gallery 01312020

ロンドンのホテルに到着したのが、1月31日の午前10時前。前夜分まで宿泊予約はしてあったのですぐチェックインし、朝食もいただいてひと休みしてから時間予約しておいた「ツタンカーメン展」に出かけた。

tutankhamun-london.com

9月に行ったパリで開催されていたが、それには行き損ねた。都合よくロンドンに回って来ていたので今度は入場予約をしておいたのだ。
会場はチェルシーのローク公邸内にある現代美術館のサーチギャラリー。知名度の高くない場所のため、そんなに混雑していなかった。

f:id:Lyudmila:20200224112527j:plain

入り口

スローンスクエアの駅に降りると懐かしい気分になった。20年以上前、ここに私の好きな小さなホテルがあったのだ。そこはとっくになくなってしまったが、チェルシーの風景は変わらないな。
ツタンカーメン展というのは手を替え品を替え、いろんなところで開催されている。
日本でも何度か見に行ったことがある。今回は王家の谷で発掘された副葬品の展示が中心だった。発掘100年記念とのことで、21世紀になってから最新技術で解析されてわかった事項など解説がおもしろかった。
王家の谷の埋葬者のファミリーツリーや、ツタンカーメンの子どもたちも夭折してミイラがあったことなど、ひと昔前には正確にわかっていなかったことだと思う。

f:id:Lyudmila:20200224114039j:plain

ツタンカーメンの墓内部図面

f:id:Lyudmila:20200224114126j:plain

f:id:Lyudmila:20200224114232j:plain

このように保存状態の良いものの展示が多かった。王の護符として有名なスカラベは様々な材質、形で頻出していた。
昔たいそう話題になっていた「ツタンカーメンの呪い」は、完全にフェイクとして扱われていた。
古代エジプトだのメソポタミアだの古代文明が大好きだった子ども時代の私に教えてあげたい内容だな、と思いながら見て回った。建物がコンパクトなので効率よく回れる。
もっと大きい会場でもいいのにな。
通常ロンドンの美術館や博物館は無料なので、しっかり入場料を取る展示会だと客入りが悪いのを見込んでいたのかと憶測してしまった。

 

Siegfried at Royal Festival Hall 01022020

初訪問のロイヤルフェスティバルホールである。

ロンドンフィルは、これまで毎年一作づつリングの上演をしてきた。順番通りに行けば来年は《神々の黄昏》のはずだが、来年はサイクルで上演することになっている。

f:id:Lyudmila:20200216171620j:plain

Vladimir Jurowski, conductor
Torsten Kerl tenor,  Siegfried
Evgeny Nikitin bass, The Wanderer
Elena Pankratova soprano, Brünnhilde
Adrian Thompson tenor, Mime
Robert Hayward baritone, Alberich
Brindley Sherratt bass, Fafner
Anna Larsson contralto, Erda 
Alina Adamski soprano, voice of the Forest Bird

London Philharmonic Orchestra

コンサート形式だと思いこんでいたら前日Zhenyaが「衣装はあるし暗譜で歌う。セミステージだよ」と教えてくれた。実際に見たら普段着に毛が生えた程度の衣装ではあったが、確かにさすらい人は杖と雨合羽の装い。

f:id:Lyudmila:20200216171339j:plain

続きを読む

«Transcendere» Евгений Никитин のこと

 Evgeny Nikitinは、膝の手術とその後の療養のため12月に予定されていたパリ・オペラの《イーゴリ公》と、来年1月のパレルモマッシモ劇場の《パルシファル 》出演をキャンセルしました。
かなり長期間の治療になりますが、演奏会形式のオペラとマリインスキの舞台には出演予定です。
見に行く予定をしていた私は落胆しましたし、彼自身のことが心配でもありました。
ところが、もう一つの彼の才能が発揮される機会があり、それはとても嬉しいことでした。

ファンの間ではよく知られていて、一度マリインスキ新劇場のギャラリーでも展示されたことがある彼のコンピューターで描く絵画のチャリティ展覧会が、サンクトペテルブルクで開催されたのです。

期間は12月1日から12月8日まで。

f:id:Lyudmila:20191208173816j:plain

«Transcendere» Евгений Никитин

 

LenZreavClownというサンクトペテルブルクのホスピタルクラウンの団体へのチャリティイベントです。

www.lenzdravclown.ru

絵画とポストカードの販売があり、作者のサイン付きで買えます。売上は全てホスピタルクラウンの活動ために寄付されます。
LenZdravClownのウェブサイト、Facebookページからもポストカードの注文と寄付ができます。
私も寄付したいな、と問い合わせたところ、日本からは支払いができないとの返事でした。次にロシアに行ったときにできたらしようかなと考えています。

会場でも流されていたインタビューがyoutubeにアップされました。 

 私はオペラに限らず彼の全てのアート活動を応援していきたいです。

Parsifal at Philharmonie de Paris 22092019

鑑賞の記録としてデータのみ書いておくことにします。

Orchestre et Choeur du Mariinsky
Valery Gergiev, direction
Mikhaïl Vekua, Parsifal
Yulia Matochkina, Kundry
Yuri Vorobiev, Gurnemanz
Evgeny Nikitin, Klingsor
Alexeï Markov, Amfortas
Gleb Peryazev, Titurel
Anna Denisova, Fille-fleur de Klingsor
Oxana Shilova, Fille-fleur de Klingsor
Kira Loginova, Fille-fleur de Klingsor,
Ecuyer Anastasia Kalagina, Fille-fleur de Klingsor
Angelina Akhmedova, Fille-fleur de Klingsor
Ekaterina Sergeeva, Fille-fleur de Klingsor
Andreï Ilyushnikov, Chevalier du Graall
Yuri Vlasov, Chevalier du Graal

f:id:Lyudmila:20191201213714j:plain

f:id:Lyudmila:20191201213733j:plain

 

Iolanta at Philharmonie de Paris 21092019

f:id:Lyudmila:20191006164519j:plain

朝のシテ・ド・ラ・ムジーク 奥の見えるのがフィルハーモニー



部屋からフィルハーモニーが見えた。朝早い時間、空がきれいだった。
今回の「週末サンクトペテルブルク」は《イオランタ》と《パルシファル》ダブルビルではなく二日間のプログラムだ。昨年はリングを通すプログラムになっていたので、今年の演目を不思議に思う人もいるかもしれない。
マリインスキ劇場にとってはこの二演目はほぼ同じキャストや合唱で回せるものだ。また《イオランタ》にはワーグナーの曲想を思わせるところもあり、どちらも作曲家最後の作品という共通点もある。私には納得できるプログラミング。

Orchestre et Choeur du Mariinsky
Valery Gergiev, direction
Irina Churilova, Iolanta
Najhmiddin Mavlyanov, Vaudémont
Alexeï Markov, Robert
Stanislav Trofimov, René
Evgeny Nikitin, Ibn-Hakia
Yuri Vorobiev, Bertrand
Andreï Zorin, Alméric
Natalia Evstafieva, Martha
Kira Loginova, Brigitta
Ekaterina Sergeeva, Laura
Marina Mishuk, cheffe de chant
Andreï Petrenko, chef de choeur

続きを読む

サンルイ病院ムラージュ博物館

演奏会が目的のためその他ノープラン。でも今はSNSでいろいろと情報を教えていただける。
一緒に演奏会に行く友人とランチの約束をしていたので、その前に何をしようか考えていると21、22日は「欧州遺産デー」とのお知らせが。
メトロですぐ行けるサンルイ病院のムラージュ博物館も無料公開。これは見に行きたい!とさっそく出かけた。*1

f:id:Lyudmila:20191001212204j:plain

ムラージュ博物館

サンルイ病院の敷地はとても広く、現在稼働している病院の手前に歴史的建物群がある。門を入ってどんどん行くと病院の中に入ってしまった。インフォメーションに職員もいなかったので、また外に出て、大きな構内地図を眺めて博物館の位置を確認。駐車場のある門からすぐ横の階段をおり、奥へ入ると博物館があった。
とても小さな建物で、入口には警備員のおじさんがいた。リュックサックや大きなバッグはその辺りに置いていけと言われて驚いてしまった。ロッカーも棚もないのに。おじさんが見張っているからということだろうが、心配だ。小さいバッグなら持って入っていいので大事なものはたまたまリュックに入れていたハンドバックに入れ換えて持っていった。

*1:私の趣味嗜好がどうもダダ漏れの様子

続きを読む

アエロフロート モスクワ経由パリ便

恒例化しつつある9月の秋分の日連休、今年もパリフィルハーモニーに行ってきた。

標題の航空便に乗るのは2回目。パリ直行かと思いきや、モスクワで降機して欧州国内便に乗換をしなくてはならない。実際乗ってみないと分からないので記録しておく。

f:id:Lyudmila:20190929214920j:plain

これに乗るのは2回目で、前回はサンクトペテルブルクまでだった。サンクトペテルブルク等のロシア国内に乗換する時はターミナルが変わるため乗り継ぎの時間は最低でも40分はみておくといい。アエロフロートのサイトでは65分かかると表記されているが、そこまではかからなかった。
パリ便乗り継ぎには20分あれば行けると思う。

シェレメチボ空港で降りるとすぐにトランスファーデスクがあり、スタッフはたいてい不在。デスクの上にゲート案内のボードがあるのでそれで確認する。デスクのすぐ横がパスポートコントロール。そこを出るとすぐセキュリティチェックがある。
そこはレーンが2箇所しかないので、搭乗客が多い場合は時間かかるかも。タブレットやパソコン、機内持ち込み液体物は出す必要はなく、バッグに入れたままでいいと言われる。
かろうじてペットボトルはダメだが、ちゃんとチェックしてるか怪しいレベル。
そこから階段かリフトで下の階に降りると比較的近くにパリ行きのゲートがある。時々直前にゲートが変更になることがあるので気を抜かないように。私の経験上これほど楽に乗り継ぎできるところはなかった。いちおう直行便の態なのだから当たり前といえばそうなのかも。
ただアエロフロートの問題は、ロスバゲが異常に多いということなのでなるべく荷物は預けないようにした方が良いだろう。私も前回懲りたため、機内持ち込みできるキャリーバッグとリュックサックにした。防寒具がいらないので軽くすんだ。
オンラインチェックインをして、成田空港で搭乗券を自動機で印刷しようとしたができなかった。しかたないので預け荷物はないがバゲージドロップデスクで出してもらった。
復路のCDG空港では機械で印刷できたはいいが「お呼び出し」があり、結局ちゃんとした紙の搭乗券を出し直された。そんなことなら印刷せよなどと言わなければいいのに。また、私の名前にはhが入るため、フランスのアナウンスは聞きづらく「なんか呼び出されてる?」と気づいたのはかなり時間がたってからだった。hが入る方お気をつけて。
全部の店がどうか不明だが、シェレメチボの乗り継ぎエリアの店では現金はルーブルのみ使用可だった。必然的に外国人はカード使用ということになる。Amexはまず使えないのでカードはVisaかMasterを。
案内をしてくれるスタッフがいるという話もあるようだが、そのようなスタッフはまずいないと考えた方が無難だろう。質問するようなスタッフがあまりにもいないため、乗客である私にロシア人の乗客がなんか聞いてくるという状態だ。
表示を頑張ってたどり、もし想定される質問があれば機内でCAに聞いておくといい。

今回はまったく遅れもなくパリに到着。CDG空港からフィルハーモニーがある19区まではタクシーで一律50€である。ここは空港バスもRERも次にメトロに乗換をしなくてはならないのでタクシーで行った方が楽だと思う。