リュドミラ音楽・ひとり旅日記

Give every man thy ear, but few thy voice.

Der Fliegende Holländer MET Live in HD

f:id:Lyudmila:20200715222045j:plain

ロンドンから戻った時点では以前のSARS流行時とさほど変わらず、COVID-19も収束するだろうと考えていた。3月にはMETに行くつもりでもいた。
ところが情勢は2週間ほどで劇的に変わった。METは3/12に劇場閉鎖と以降の公演を全て中止と発表した。この《さまよえるオランダ人》新プロダクションは3/14にライブ配信される予定だったので、当然それも中止となった。初日のラジオ放送はあったがHDの映像配信がないというのはショックだった。その後EBUのラジオ各局で3/10の公演が放送されたので録音だけあったのだと思った。それだけでもありがたかったが、なんと録画もしていたということで今季最後のLive in HDで公開されることとなった。
いつものように簡単なナビゲートもあり配信用のテクリハで撮られていたのではないかと思う。METのライブ配信は10年以上の実績があるので通常と変わらない録画もできていたのだろう。本当に嬉しい。おそらく今後同じようなオペラ上演はできなくなる。旧形式最後の記録になるかもしれない。

アポカリプティックな《パルシファル》の舞台がおもしろかったGirardの演出は、同じようにコリオグラフィとライティングに凝ったものだった。序曲のゼンタのダンスと船乗りたちの振付が幾何学的で音楽と一致している。ラジオで音だけだとかなり緩慢にきこえた演奏が、ダンスがあるとそのゆっくりテンポがぴったり。舞台付きの音楽というのはこういうものかと気づかされた。ワーグナーの作品は演奏会形式でけっこう満足してしまうのだが、舞台に合わせて完成するものもあるのだ。レジーテアターの正しいかたちなのかも。

デコールは船の舳先くらいしかないし、ゼンタたちの糸車はロープなので「船」のアイテムしか出てこない。空も海も幽霊船もライティングで表現されているが、それでじゅうぶんだった。おもしろいのは、主要キャラクターがお互いに一定の距離を保っていて近づかないことだ。通常ならここで手を取るだろう、抱き合うだろうというところは全てはぐらかされる。かろうじてゼンタがダーラントの頬に一瞬キスするのが濃厚接触か。すでにこの時点でソーシャルディシタンシングなのかと考えてしまうくらいだ。船員と娘たちはある程度の合唱ボリュームが必要なので密接だったが。キャラクター間の心情に実は距離があるということなのかな。父娘、恋人、運命のひと、と一見親密な関係があるように見えるが、それぞれ自分の世界から出てきてはいないように思われる。人間関係としてはドライなのだ。だからゼンタも自己犠牲的な感じはしない。任務遂行なのだ。最後も海の表現は娘たちの波打つ腕で、ゼンタはそこに消えていくというものだった。その前にオランダ人はさっさと姿を消すので救済があったかどうかもよくわからない。

これまで山ほどゼンタを歌っているKampeはMETでは今回初めてゼンタを歌ったとのこと。私はミュンヘンで彼女のゼンタを見ている。その時よりずっとよかった。ミュンヘンのは演出が自爆系でゼンタ狂乱型だったからだ。
METデビューの藤村さんは今まで聞いたマリーのうちでは最も線の細い感じがした。歌唱そのものはいつものように文句なし。
目立ってたのがSergei Skorokhodovで、彼はマリインスキでエリックを長く歌っているし、安定した大声を持っているので評価は高い。だからといって、ほかのワーグナー作品にはそんなに出演していないのだ。普通にイタオペ向きかなと思っている。
Franz-Josef Seligはダーラントを歌わせたらこの人、というのをすでに確立している。私は大好きだ。
さて題名役のZhenya。初日の放送を聞いた時には予想はしてたが、ひどい緊張がうかがわれてヒヤヒヤした。いくら慣れたGergievの指揮とはいえMETで新演出の主役というのはプレッシャーだったろう。ただ一度乗り越えてしまえば後は難なくこなしていくのが常なので3回目のこの公演は心配していなかった。不気味さ、怖さという表現は彼にはなく、もともともっている繊細な美声を活かした抒情的でロマンティックな役作りだった。
よく一本調子と言われることがあるが、これはヴィブラートをほとんどかけず、音程に忠実なためだろうと思う。
黒い時代風の衣装もよく似合っていて素敵だった。
Zhenyaのワーグナーレパートリーの中で、やはりこのオランダ人が一番合っている。
またマリインスキオケ以外でGergievの指揮にきちんとついていくメトオケと素晴らしい合唱団のポテンシャルの高さを久しぶりに聞いて再認識した。
年内のMETの再開はなく、来シーズンの新プロダクションの計画もなくなった。Zhenyaはミュンヘンのコープロ《炎の天使》に出演のはずだったが、また別シーズンへの延期となった。
いつかまた華やかなMETの舞台を見たいと思う。

 

Tutankhamun: Treasures of the Golden Pharaoh at Saatchi Gallery 01312020

ロンドンのホテルに到着したのが、1月31日の午前10時前。前夜分まで宿泊予約はしてあったのですぐチェックインし、朝食もいただいてひと休みしてから時間予約しておいた「ツタンカーメン展」に出かけた。

tutankhamun-london.com

9月に行ったパリで開催されていたが、それには行き損ねた。都合よくロンドンに回って来ていたので今度は入場予約をしておいたのだ。
会場はチェルシーのローク公邸内にある現代美術館のサーチギャラリー。知名度の高くない場所のため、そんなに混雑していなかった。

f:id:Lyudmila:20200224112527j:plain

入り口

スローンスクエアの駅に降りると懐かしい気分になった。20年以上前、ここに私の好きな小さなホテルがあったのだ。そこはとっくになくなってしまったが、チェルシーの風景は変わらないな。
ツタンカーメン展というのは手を替え品を替え、いろんなところで開催されている。
日本でも何度か見に行ったことがある。今回は王家の谷で発掘された副葬品の展示が中心だった。発掘100年記念とのことで、21世紀になってから最新技術で解析されてわかった事項など解説がおもしろかった。
王家の谷の埋葬者のファミリーツリーや、ツタンカーメンの子どもたちも夭折してミイラがあったことなど、ひと昔前には正確にわかっていなかったことだと思う。

f:id:Lyudmila:20200224114039j:plain

ツタンカーメンの墓内部図面

f:id:Lyudmila:20200224114126j:plain

f:id:Lyudmila:20200224114232j:plain

このように保存状態の良いものの展示が多かった。王の護符として有名なスカラベは様々な材質、形で頻出していた。
昔たいそう話題になっていた「ツタンカーメンの呪い」は、完全にフェイクとして扱われていた。
古代エジプトだのメソポタミアだの古代文明が大好きだった子ども時代の私に教えてあげたい内容だな、と思いながら見て回った。建物がコンパクトなので効率よく回れる。
もっと大きい会場でもいいのにな。
通常ロンドンの美術館や博物館は無料なので、しっかり入場料を取る展示会だと客入りが悪いのを見込んでいたのかと憶測してしまった。

 

Siegfried at Royal Festival Hall 01022020

初訪問のロイヤルフェスティバルホールである。

ロンドンフィルは、これまで毎年一作づつリングの上演をしてきた。順番通りに行けば来年は《神々の黄昏》のはずだが、来年はサイクルで上演することになっている。

f:id:Lyudmila:20200216171620j:plain

Vladimir Jurowski, conductor
Torsten Kerl tenor,  Siegfried
Evgeny Nikitin bass, The Wanderer
Elena Pankratova soprano, Brünnhilde
Adrian Thompson tenor, Mime
Robert Hayward baritone, Alberich
Brindley Sherratt bass, Fafner
Anna Larsson contralto, Erda 
Alina Adamski soprano, voice of the Forest Bird

London Philharmonic Orchestra

コンサート形式だと思いこんでいたら前日Zhenyaが「衣装はあるし暗譜で歌う。セミステージだよ」と教えてくれた。実際に見たら普段着に毛が生えた程度の衣装ではあったが、確かにさすらい人は杖と雨合羽の装い。

f:id:Lyudmila:20200216171339j:plain

続きを読む

«Transcendere» Евгений Никитин のこと

 Evgeny Nikitinは、膝の手術とその後の療養のため12月に予定されていたパリ・オペラの《イーゴリ公》と、来年1月のパレルモマッシモ劇場の《パルシファル 》出演をキャンセルしました。
かなり長期間の治療になりますが、演奏会形式のオペラとマリインスキの舞台には出演予定です。
見に行く予定をしていた私は落胆しましたし、彼自身のことが心配でもありました。
ところが、もう一つの彼の才能が発揮される機会があり、それはとても嬉しいことでした。

ファンの間ではよく知られていて、一度マリインスキ新劇場のギャラリーでも展示されたことがある彼のコンピューターで描く絵画のチャリティ展覧会が、サンクトペテルブルクで開催されたのです。

期間は12月1日から12月8日まで。

f:id:Lyudmila:20191208173816j:plain

«Transcendere» Евгений Никитин

 

LenZreavClownというサンクトペテルブルクのホスピタルクラウンの団体へのチャリティイベントです。

www.lenzdravclown.ru

絵画とポストカードの販売があり、作者のサイン付きで買えます。売上は全てホスピタルクラウンの活動ために寄付されます。
LenZdravClownのウェブサイト、Facebookページからもポストカードの注文と寄付ができます。
私も寄付したいな、と問い合わせたところ、日本からは支払いができないとの返事でした。次にロシアに行ったときにできたらしようかなと考えています。

会場でも流されていたインタビューがyoutubeにアップされました。 

 私はオペラに限らず彼の全てのアート活動を応援していきたいです。

Parsifal at Philharmonie de Paris 22092019

鑑賞の記録としてデータのみ書いておくことにします。

Orchestre et Choeur du Mariinsky
Valery Gergiev, direction
Mikhaïl Vekua, Parsifal
Yulia Matochkina, Kundry
Yuri Vorobiev, Gurnemanz
Evgeny Nikitin, Klingsor
Alexeï Markov, Amfortas
Gleb Peryazev, Titurel
Anna Denisova, Fille-fleur de Klingsor
Oxana Shilova, Fille-fleur de Klingsor
Kira Loginova, Fille-fleur de Klingsor,
Ecuyer Anastasia Kalagina, Fille-fleur de Klingsor
Angelina Akhmedova, Fille-fleur de Klingsor
Ekaterina Sergeeva, Fille-fleur de Klingsor
Andreï Ilyushnikov, Chevalier du Graall
Yuri Vlasov, Chevalier du Graal

f:id:Lyudmila:20191201213714j:plain

f:id:Lyudmila:20191201213733j:plain

 

Iolanta at Philharmonie de Paris 21092019

f:id:Lyudmila:20191006164519j:plain

朝のシテ・ド・ラ・ムジーク 奥の見えるのがフィルハーモニー



部屋からフィルハーモニーが見えた。朝早い時間、空がきれいだった。
今回の「週末サンクトペテルブルク」は《イオランタ》と《パルシファル》ダブルビルではなく二日間のプログラムだ。昨年はリングを通すプログラムになっていたので、今年の演目を不思議に思う人もいるかもしれない。
マリインスキ劇場にとってはこの二演目はほぼ同じキャストや合唱で回せるものだ。また《イオランタ》にはワーグナーの曲想を思わせるところもあり、どちらも作曲家最後の作品という共通点もある。私には納得できるプログラミング。

Orchestre et Choeur du Mariinsky
Valery Gergiev, direction
Irina Churilova, Iolanta
Najhmiddin Mavlyanov, Vaudémont
Alexeï Markov, Robert
Stanislav Trofimov, René
Evgeny Nikitin, Ibn-Hakia
Yuri Vorobiev, Bertrand
Andreï Zorin, Alméric
Natalia Evstafieva, Martha
Kira Loginova, Brigitta
Ekaterina Sergeeva, Laura
Marina Mishuk, cheffe de chant
Andreï Petrenko, chef de choeur

続きを読む

サンルイ病院ムラージュ博物館

演奏会が目的のためその他ノープラン。でも今はSNSでいろいろと情報を教えていただける。
一緒に演奏会に行く友人とランチの約束をしていたので、その前に何をしようか考えていると21、22日は「欧州遺産デー」とのお知らせが。
メトロですぐ行けるサンルイ病院のムラージュ博物館も無料公開。これは見に行きたい!とさっそく出かけた。*1

f:id:Lyudmila:20191001212204j:plain

ムラージュ博物館

サンルイ病院の敷地はとても広く、現在稼働している病院の手前に歴史的建物群がある。門を入ってどんどん行くと病院の中に入ってしまった。インフォメーションに職員もいなかったので、また外に出て、大きな構内地図を眺めて博物館の位置を確認。駐車場のある門からすぐ横の階段をおり、奥へ入ると博物館があった。
とても小さな建物で、入口には警備員のおじさんがいた。リュックサックや大きなバッグはその辺りに置いていけと言われて驚いてしまった。ロッカーも棚もないのに。おじさんが見張っているからということだろうが、心配だ。小さいバッグなら持って入っていいので大事なものはたまたまリュックに入れていたハンドバックに入れ換えて持っていった。

*1:私の趣味嗜好がどうもダダ漏れの様子

続きを読む